支援プロジェクト


教育・人材育成

カンボジア仏教研究復興支援事業

カンボジアは全人口約1500万人のうち、96%が上座部仏教を信仰し、仏教を国教とする仏教国です。紀元前3世紀にカンボジアに仏教が伝来して以来、仏教はカンボジアの社会に深く浸透し、人々の仏教に対する信仰心は篤く、仏教はカンボジアの精神文化の基盤となっています。
このように長い歴史を持つカンボジアの仏教において、1930年に開設された仏教研究所は仏教やクメール語の伝統文化、文学等を研究・編集出版するカンボジア最大の宗教文化センターかつ図書館として歴史的な役割を担っていました。しかしながら宗教や旧文化を否定するポルポト政権下(1975年4月~1979年1月)において仏教研究所は徹底的に破壊され、その本格的な復興は1993年の国連支援による総選挙、新政府の成立まで待たねばなりませんでした。

プロジェクトの詳細を読む

NGOの組織運営・管理 研修

【背景】
近年、貧困問題などの地球的規模で解決が求められる課題に対し、国際協力NGOの果たす役割への認知が高まるにつれてNGOの活動が期待される場が広がり、その責任も大きくなってきています。

そのような中で、各NGOが使命を果たし、課題解決に貢献し得る継続した活動を行うには、組織としての体制を整え強化していくことが必要となっています。

プロジェクトの詳細を読む

仏教学校における図書館推進事業

カンボジアの仏教教育は、社会開発と人的資質の向上において重要な役割を担っています。僧侶教育の質の向上のため1914年に最初のパーリ語学校が設立されました。その後1922年にこの学校はパーリ語高等学校に格上げされました。1933年には国内のほとんどすべての寺院に仏教初等学校が設置され、寺院図書館が併設されていました。何世紀にもわたって寺院の図書館はカンボジアの人々にとって歴史的かつ文化的な建造物の一つでした。

プロジェクトの詳細を読む

仏教研究所との連携に向けた現状調査ならびに仏教初等学校用教科書出版事業

古い昔から、人々と仏教との関係は、カンボジアのアイデンティティーを作り上げてきました。地域において、僧侶は人々に仏教を通して倫理・道徳観を説き、 寺院は教育、文化、自然保護、医療等の重要な役割を担ってきました。それほど、僧侶は高度な知識を持ち、人々から尊敬、信頼される存在でありました。

プロジェクトの詳細を読む

看護師養成事業

1948年、パレスチナ(現在のイスラエル)の地を巡り、ユダヤ人(イスラエル)とアラブ諸国(パレスチナ)が対立しました。「イスラエル」が建国された ことにより、故郷を追われて近隣諸国に逃れたパレスチナ人は当時約100万人。レバノンにも多くの難民が流入しました。60年以上経った今も土地を巡る争 いは続いており、国際社会で最も懸念される深刻な問題となっています。

プロジェクトの詳細を読む

1 2

このページのTOPへ