支援プロジェクト


シリア難民支援

ロヒンギャ難民支援事業

クトゥパロン難民キャンプ。避難してきた難民家族のためのシェルターが並ぶ。

ミャンマーは1948年の独立以降も、人口の7割を占めるビルマ民族が体制の中心となり、少数民族との間に軋轢が生じています。ミャンマーのラカイン州にはロヒンギャ(イスラム系少数民族)が多く暮らしていますが、迫害や暴力行為のため、1990年代から数万人が隣国バングラデシュに逃れていました。

バングラデシュに逃れるロヒンギャ難民

バングラデシュに逃れるロヒンギャ難民

2017年8月に起こった暴力行為以降、ミャンマー国境を越えてバングラデシュに逃れるロヒンギャの数は爆発的に増加し、2017年8月から2018年3月までに約67万人がバングラデシュに逃れています。大半が徒歩でジャングルに隠れながら、山や川、海を渡り国境を目指しますが、水や食糧もなく、体調を崩し弱り切った身体でバングラデシュの難民キャンプに到着しています。

UNHCRからの支援物資を受け取るロヒンギャ難民の家族

UNHCRからの支援物資を受け取るロヒンギャ難民の家族

避難したロヒンギャ難民の55%が18歳未満の子どもであり、また30%の人びとが家族を失っています。

UNHCRは、バングラデシュ政府や現地の協力機関と共に、シェルター(テント)や生活必要物資の提供といった緊急支援に加え、水や衛生、医療、教育など多岐に渡る分野において、人々への支援活動を行っています。

UNHCRからの支援物資を運ぶロヒンギャ難民

UNHCRからの支援物資を運ぶロヒンギャ難民

このページのTOPへ