支援プロジェクト


南アジアプログラム

背景

庭野平和財団「南アジアプログラム」は、立正佼成会一食平和基金からの委託事業として、2004年より2014年3月まで実施された事業です。同プログラ ムは、「一食を捧げる運動」の主旨に添い、世界で最も多く貧困者が居住する南アジア地域における「貧困の撲滅」をめざした事業です。

 

概要を読む


このプロジェクトの記事一覧

都市における貧困の削減

財団法人庭野平和財団が実施している「南アジアプログラム」は、立正佼成会一食平和基金の委託事業として、一食を捧げる運動の理念に沿い、南アジア地域の貧困の撲滅に寄与し、その活動を通して平和の醸成に寄与することを主旨に事業を行なっています。
本動画レポートでは、インドのバラナシ市内で活動する現地NGOのMSK(民衆奉仕センター)の実施しているスラム住民の支援活動を紹介します。

1

このページのTOPへ