支援プロジェクト


パルワン県における学校環境整備及び衛生教育事業

2017年9月1日~10月31日

学校施設整備後の計画について話す先生達

(1)給水・衛生施設を中心とした学校環境整備

2校を対象にトイレ・給水施設・教室などの建設を行っています。対象校との会議では、「施設が整備されたら環境美化のために植栽をしたい」などの計画が出されました。

(2)衛生教育

20171130-afg-02.jpg建設中の手洗い場付き貯水槽とトイレ

5校を対象に衛生教育を実施しています。研修を受けた教師が毎日5~10分間の教育を行っています。この一環として生徒の理解を深めるために巡回映画上映も実施しています。また、10月15日の「世界手洗いの日」に合わせて啓発行事を開催しました。

(3)防災・減災教育

20171130-afg-03.jpg世界手洗いの日啓発行事20171130-afg-04.jpg地震からの身の守り方を答える生徒

4校を対象に防災・減災教育を実施しています。これには避難訓練や生徒の理解を深めるための巡回映画上映も含まれます。

パキスタンの首都イスラマバードでEメールやスカイプを通じて現地の職員と連絡を取り合いながら上記の活動を運営しています。安全管理上、現地に行けないのは残念ですが、現地職員はよくがんばっており、活動の進捗や課題などをすぐに伝えてくれ、相談・協議しながら進めています。元気な子どもたちの写真を見てほっこりし、現地の様子をできる限り想像しながら仕事をしています。子ども達のために内戦で立ち遅れた教育環境整備に携われることをうれしく思います。

このページのTOPへ