支援プロジェクト


ミャンマー 初等教育の普及

【背景】

経済状況としては、ミャンマーは東南アジアで2番目に大きな国だが、世界の中の最貧国にあげられており、人口の37.5%が貧困ライン以下で生活している。ほとんどの貧困者が地方地域に住み、農業や日雇い労働を生業にしており、乾季には食糧不足に陥る。
食料、栄養事情は、国際機関による支援により、過去6年間で発育不全率が5.9%、消耗症状率が0.9%に減少した。しかし、未だ5歳未満の子どもの3人に1人が慢性的栄養失調のため発育不全(年齢に不釣り合いな低身長)であり、7%が消耗症状(身長に対して低体重)である。平均寿命もASEAN諸国の中で66歳と最も低く、子どもの死亡率(1,000人中50人)も最も高い国の一つである。6~23か月の子どもで、食事エネルギーの最低必要量を摂取できているのは16%のみにとどまっている。

概要を読む


このプロジェクトの記事一覧

2019年1月1日~6月30日(中間報告)

【スタッフの声】

現地のお母さんのコメント
・学校給食の調理をする事によって、栄養に関する知識を身につけることができた。その知識を子どもにも教えることが出来、ありがたいと思っている。
※学校給食は母親たちのボランティアによって成り立っています。
・5人一組で給食を作るので、母親たちのコミュニケーション盛んになり、コミュニティの強化に繋がっている。
・バラエティ豊かな給食を子どもが食べられるようになり、助かっている。
・調理場の設備が整っておらず、不便なところがある。

つづきを読む

1

このページのTOPへ