支援プロジェクト


NGOの組織運営・管理 研修

【背景】
近年、貧困問題などの地球的規模で解決が求められる課題に対し、国際協力NGOの果たす役割への認知が高まるにつれてNGOの活動が期待される場が広がり、その責任も大きくなってきています。

そのような中で、各NGOが使命を果たし、課題解決に貢献し得る継続した活動を行うには、組織としての体制を整え強化していくことが必要となっています。

概要を読む


このプロジェクトの記事一覧

2018年4月1日~2019年3月31日(年間)

■【ワーキング・グループ制度】
子どもと若者のセーフガーディングセミナーにて

子どもと若者のセーフガーディングセミナーにて

新しく3つのテーマでワーキング・グループが発足し、各会合を2回以上開催する事ができた。
①セーフガーディングWG
●子ども支援を行っている団体約13団体が会合に参加し、各会合5回以上開催した。
●参加団体からSGを進める各タスクチームができ、各タスクを主体的に進める体制ができた。
●HAPICプレフォーラムで一般も含めた分科会を開催し、SGの必要性や概念などを広く広める事ができた。参加者数:約35名
●当初、情報交換を行うWGだったが、NGO業界への啓発や提言を行っていくWGと発展し、WGが主体となり、外務省の「NGO研究会」から本年度助成を頂いた。

つづきを読む

2016年4月~2017年3月

20170602-03-a.jpg

【プロジェクト全体の成果】
2016年度は、NGO切磋琢磨応援プロジェクト2年度目として1年度目の成果を踏まえた研修の実施や、3年度目に行う活動の準備を行うことができました。

「中長期計画策定支援プログラム」では、NGOが中長期的な視点をもって活動に取り組むことができるよう中長期計画の策定を支援することを目的に実施しました。

研修を受講した団体が中長期計画策定支援研修に取り組みはじめる等の具体的な行動変容につながっており、成果を上げつつあります。

また、「人材育成およびNGOの職場環境向上」では、NGOが抱える課題をNGO団体同士が学び合って解決につなげていくワーキンググループ活動として継続しています。 さらにNGO同士の学び合いが活性化することを目的に、JANICが「JANIC会員の集い2016」にて、ワーキンググループをテーマにした分科会を企画したところ、既に活動しているNGO組織強化ワーキンググループが分科会の企画に協力することによって、新たなメンバーが加わる流れとなり、横のつながりがより広がりつつあります。分科会でもテーマになった広報に関するワーキンググループ設立への関心表明の声もあがっており、新しい動きも期待できそうです。

つづきを読む

2015年4月~2016年3月

【プロジェクト全体の成果】
2015年度は3年プロジェクトであるNGO切磋琢磨応援プロジェクト期間の初年度として、2年度目以降に行う活動の準備を行うことができました。

特に中長期計画策定や人材育成、そして職場としてのNGOに関する実態調査を行い、日本のNGOの状態や課題について最新情報を把握することができたことが成果です。

また、今年度の特徴的な成果としては「NGO組織強化大賞」イベントを初めて開催することができました。
このイベントをとおして、ビジョン・ミッションを達成するための「NGOの組織力向上の重要性」について、広く再確認の機会を与えることができました。

本イベントのアンケートからは、実際に組織強化の業務を担当するNGOスタッフにとっては取組みの意義を実感してもらえ、継続的に高い意識をもって担当業務に取り組むモチベーション向上の効果があったことがわかりました。

つづきを読む

NGO組織運営・管理集中講座 2010年~2014年度報告

2010年
1)ニーズ確認とプログラム・教材開発

1. ニーズ確認ワークショップ実施
労務・総務に関してNGO が抱える課題とニーズ把握のワークショップを3 回開催

2. メンタルヘルス調査
NGOの職場におけるメンタルヘルスの現状を把握するためのアンケート調査を95 団体に実施

2)研修実施

NGO で労務管理を担う管理職あるいは管理部門の職員を主な対象とした労務講座を開催

3)通信教材システムの検討

人数規模や費用・人員体制のコスト面での実現性に合わせて検討しやすい事例を精査、整理

 

つづきを読む

1 2

このページのTOPへ