支援プロジェクト


ニュース

本会一食平和基金「2019年度運営計画」 国内外の事業に3億1757万円

「ミャンマー読書推進事業」の昨年の取り組みでは、同国の小学校を移動図書館が訪問。日本からおくられた絵本が子供たちに貸し出された

「ミャンマー読書推進事業」の昨年の取り組みでは、同国の小学校を移動図書館が訪問。日本からおくられた絵本が子供たちに貸し出された

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、2019年度の運営計画を発表した。今年度の予算総額は、3億1757万6000円。同運営委員会が策定した中期運営方針(2018~23年)に基づき、昨年度と同様、全10分野で事業を行う。このうち、「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」を重点項目とした。また、助成を通じて、NGOなど団体間の協力を促し、より効果的な成果をもたらす「ネットワークの強化」にも取り組む。

「一食を捧げる運動」による浄財は、今年も国内外の平和活動に役立てられる(写真はモザンビークの少女)

「一食を捧げる運動」による浄財は、今年も国内外の平和活動に役立てられる(写真はモザンビークの少女)

本会一食平和基金は、会員が食事を抜き、その食費分を献金する「一食を捧げる運動」によって運営されている。世界平和を願って進められている運動の根底には、生きとし生けるもの全てが大いなるいのちに生かされている、という仏教の「一乗精神」がある。同運営委員会はこれに沿い、「一乗精神に基づく共生の世界実現」を目指して、今年の事業の運用を計画した。

近年、グローバル化に関連して富の偏在が進み、経済格差によって紛争や対立が激化するなど、世界的に分断傾向が強まっている。また、大規模な自然災害や深刻な環境破壊が各地で発生している。こうした問題には多くの要因が絡み合い、解決に向けてさまざまな協力が欠かせないため、同委員会では今年も、NGOや行政機関、宗教団体などが連携し、効果的な活動がなされるよう支援する方針を掲げた。

今年の運営計画では、昨年に続いて「貧困(飢餓)の解消」の分野が重点項目の一つに挙げられた。世界の8億以上の人が極度の貧困状態にあり、この解消が、富の不均衡を巡る争いを経て紛争に至る可能性を減らすとともに、2030年までに達成すべき項目として定められている、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)への貢献にもつながるからだ。この分野では、「アフリカへ毛布をおくる運動」をはじめ、新たに国連世界食糧計画(国連WFP)と実施する「ミャンマーにおける学校給食事業」など三つの活動に、3479万円の予算が充てられた。

紛争が続くイエメンで、国連WFPの食糧配付を待つ人々 ©WFP/Fares Khoailed

紛争が続くイエメンで、国連WFPの食糧配付を待つ人々 ©WFP/Fares Khoailed

また、貧困、差別を生み出す社会の変革や、民族・宗教の違いを超えた相互理解と信頼醸成を促進するには、人材の育成が必要であるため、「教育・人材育成」も重点項目とし、6187万円を充当。「親子で取り組むゆめポッケ」や国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)との協働による「パレスチナ難民を対象とする看護師養成事業」など8事業に浄財が拠出される。

さらに、災害が多く発生している状況を踏まえ、「緊急救援・復興支援」の分野では昨年よりも増額し、7900万円の予算を組み込んだ。東日本大震災の被災者支援に取り組むNPO法人などに助成されるほか、国内外の災害や紛争の発生時には、救援活動に当たる行政組織やパートナー団体の活動に協力する。

このほか、地域で活動する団体を本会の教会が主体的に支援する「一食地域貢献プロジェクト」「海外教会・拠点一食プロジェクト」にも予算が計上された。

2019年度「立正佼成会一食平和基金」運営計画2019年度「立正佼成会一食平和基金」運営計画

支援分野別支出割合支援分野別支出割合

貧困(飢餓)の解消

JVCがカンボジアで展開する、農村再生のプロジェクト(写真提供=JVC)

JVCがカンボジアで展開する、農村再生のプロジェクト(写真提供=JVC)

『ミャンマーにおける学校給食事業』

国連世界食糧計画(国連WFP)と共に、今年から、世界最貧国の一つであるミャンマーで、生活のために働くなどの理由で学校に通えない学齢期の子供たちに給食を提供する。食事を取れることで通学児童が増え、子供たちの栄養状態の改善だけでなく、教育の普及につながる。進学や就職など子供の将来的な可能性が広がり、安定した社会の創出の一助となる。

『農業・環境・地域開発事業』

カンボジアやラオスでは、経済成長の一方で、貧富の差が拡大している。認定NPO法人「日本国際ボランティアセンター」(JVC)と連携し、貧困に苦しむ農村部で、安定した暮らしの実現を図る。気候変動に順応できる有機農業や、森を守るための植林活動に住民が参加することで、自身の力で生活を向上できるよう支援する。

教育・人材育成

パレスチナ・ガザ地区にある小学校で、ゆめポッケを手にして喜ぶ子供たち(写真提供=UNRWA)

パレスチナ・ガザ地区にある小学校で、ゆめポッケを手にして喜ぶ子供たち(写真提供=UNRWA)

『親子で取り組むゆめポッケ』

本会の小学生・中学生が、紛争や対立で心に傷を負った世界の子供たちの幸せを願い、文具やおもちゃなどを手作りの袋に詰めておくる活動。おくり先の一つであるフィリピン・ミンダナオ島から青少年を招いて、日本の子供たちやその家族と交流して友情を築く取り組みも行う。

『ミャンマー読書推進事業』

児童書をたくさん積んだ移動図書館

パ児童書をたくさん積んだ移動図書館

公益社団法人「シャンティ国際ボランティア会」(SVA)との協働による取り組みとして、ミャンマーの児童を対象に、移動図書館によって絵本をはじめとした児童図書の読書機会を提供する。これにより、軍事政権時代の暗記型教育から思考型教育への転換を促すとともに、情操教育の普及によって子供たちの自ら考える力を養う。平和な社会を創造するための人材育成事業。

緊急救援・復興支援
『人道緊急・復興支援事業』

認定NPO法人「JEN」(ジェン)との合同により、災害や迫害、内戦などで苦しむ人々に対し、緊急救援から復興に至る各段階で行われる支援活動に協力する。パキスタンで起きた地震、洪水の災害、さらに政府軍による反政府勢力への攻撃で発生した国内避難民に対し、生計を保つため、避難民の畜産業をサポート。また、東日本大震災や熊本地震における被災地の復興に向けたワークショップを展開し、被災者による持続可能なまちづくりを支える。

このページのTOPへ