支援プロジェクト


ニュース

本会バングラデシュ教会がロヒンギャ難民の支援活動 一食平和基金から寄託受け

ウキヤ地区バルカリのキャンプで、難民に毛布を手渡す本会の会員たち(提供・バングラデシュ教会)

今年8月、ミャンマー西部ラカイン州でロヒンギャに対する同国政府の掃討作戦が実施され、隣国のバングラデシュに逃げた人々が難民となっている。仏教国のミャンマーで、少数派ムスリム(イスラーム教徒)のロヒンギャは、「違法な移民」として国籍を剥奪され、移動や結婚を制限されるなど差別や迫害を受けてきた。

20171124-01-f.jpg

難民の数はこれまでに61万人を超え、その多くは、バングラデシュ南東部コックスバザール県のウキヤ地区などに流入。ユニセフの発表(10月3日)では、難民の約6割が子供で、その半数が5歳未満、難民全体の3%を妊婦が占める。

この問題に対し、一食平和基金は9月19日、緊急支援として、NGO資格を持つ立正佼成会バングラデシュ教会に2万ドルの拠出を決定した。

20171124-01-b.jpg

(提供・バングラデシュ教会)

支援金の寄託を受けたバングラデシュ教会では、会員たちが、現地の国連職員や政府関係者を通じて情報収集を進め、9月26日にウキヤ地区の難民キャンプを視察。現地では、丘陵地の林を切り開き、竹の柱にビニールシートの屋根という簡易的な造りの避難所が陸軍により設営され、支援物資の配布が始まっていたが、さらに難民が増え続ける状況に対応が追いつかず、多くの人々が野宿を強いられていた。

視察後、同教会は県知事らと調整し、一次支援先のキャンプを選定。10月28日、会員20人が、同地区バルカリにある2カ所の難民キャンプを訪れ、防寒用の毛布1000枚を配布した。この様子は後日、テレビで全国放映された。

厳しい環境で暮らす人々のために

20171124-01-d.jpg

(提供・バングラデシュ教会)

キャンプを訪れた有富教会長によると、衛生的な水とトイレが不足しているほか、国連やNGOからの支援物資はキャンプで身分証明(ID)の登録が済んだ難民しか受け取れず、全体には行き渡っていないとのことだ。さらに、同国政府はロヒンギャを国際条約で規定される「難民」とは認めておらず、人道的立場から一時的に支援する方針を取っていることから、現段階では子供の教育など、長期的な支援の見通しは立っていない。

同教会による二次支援は今月29日、三次支援は12月16日の実施が決まっている。

一方、難民キャンプ周辺に暮らす会員の中には、活動に先んじて自主的に支援に当たった人もいる。

20171124-01-c.jpg

丘陵地の林を切り開き設営された避難所。難民は過酷な状況下で生活を送る(提供・バングラデシュ教会)

リタ・バルアさん(40)は、着の身着のまま逃れてきた大勢の難民を見て、地域住民に衣類の提供や募金を呼び掛け、集めた衣類や募金で購入した食糧を手渡した。

現在、個人による支援は軍に規制されているが、当時を振り返り、バルアさんは、「ロヒンギャの方々のために自分にできることを探しました。『目の前で苦しむ人を助けなさい』というのが庭野開祖の教えであり、そのことを実践させて頂きました」と語った。

WCRP/RfP国際委、ACRPが緊急アピール

ロヒンギャ難民問題を受け、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会は、アジア宗教者平和会議(ACRP)と連名で今回の人道危機に関する共同緊急アピールを発表し、各国委員会を通じて、緊急勧募を呼び掛けている。加えて、緊急支援として、バングラデシュ教会が加盟するWCRP/RfPバングラデシュ委員会に1万5000ドルを寄託。同委メンバーは10月12日、バルカリにある難民キャンプを訪れ、1300世帯に感染症を予防するため蚊帳を配布した。
 

有富バングラデシュ教会長 談話

会員と共に支援に携わって
20171124-01-e.jpg
「一食を捧げる運動」に取り組む日本の皆さんの思いを、ロヒンギャの人々にお届けできることを有り難く思います。

会員からは当初、ミャンマーの多数派である仏教徒から迫害され、逃れてきたロヒンギャの人々が、仏教徒の私たちに何か仕返しをするのではないか、という声も上がりました。しかし、彼らが置かれた状況を丁寧に説明していくと、誰もが支援に賛同してくれました。

法華経には、人は衆生を救うために願って生まれてきたという、「願生(がんしょう)」が示されており、バングラデシュ教会では、全員でその意義を学ばせて頂いています。現在、こうして教会が一丸となって支援に携われるのは、仏さまの教えを皆さんが深く理解してくださっている証しだと思います。

宗教が対立の要因のように言われていますが、他の宗教者の方々もまた、私たちと同じ思いで取り組まれています。今回の問題が起きた時、難民キャンプの近くにある寺院の若い僧侶が、法衣を身に着けたまま真っ先に難民のもとに駆け付けました。彼は難民にたくさんの果物を届けたのです。とても勇気ある行動です。

私は、こうした青年僧侶がこの国にいること、それが希望の光だと思いました。私たち立正佼成会会員も彼のように、支援活動を通して信仰者としての姿勢を示し、さらにこれを一つの機縁として、支援の輪が広がっていくことを願っています。

難民キャンプには、子供が多く、また、おなかが大きなお母さんもたくさんいます。12月から2月にかけて寒さが厳しくなりますし、これから生まれてくる子供たちがとても心配です。ロヒンギャの方々に一刻も早く心の平和と安寧を取り戻して頂けるよう、祈りを捧げ、支援活動を継続していきます。

WCRP/RfPバングラデシュ委員会でも、諸宗教者や大学教授が、支援の話し合いを進めているところです。宗教者が協力していけば、必ず平和が来る――そう信じています。

このページのTOPへ