支援プロジェクト


ニュース

一食平和基金 平成28年次の運営計画を発表 国内外の事業に3億1720万円

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=根本昌廣宗教協力特任主席)はこのほど、平成28年次の同基金運営計画を発表しました。「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」「緊急救援・復興支援」の重点項目をはじめ10分野の事業に充てられる予算総額は3億1720万6000円。中期運営方針(平成25〜29年)に掲げられた「一乗精神に基づく共生の世界実現」を目指すため、NGOなど多くの団体と協働でさまざまな活動が展開されます。

つづきを読む

JANICと一食平和基金による「第1回NGO組織強化大賞」表彰式

JANIC(国際協力NGOセンター)主催、立正佼成会一食(いちじき)平和基金共催による「第1回NGO組織強化大賞」の表彰式が1月19日、東京・千代田区のちよだプラットフォームスクウェアで行われ、部門賞を受賞した4団体の中から「エイズ孤児支援NGO・PLAS」が大賞に選ばれました。NGO40団体から約100人が参加。同基金運営委員会の根本昌廣委員長の代理として峯坂光重委員が出席し、秀島くみこ事務局長が同行しました。

つづきを読む

フィリピンの台風災害に一食平和基金から緊急支援

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=根本昌廣宗教協力特任主席)は1月12日、昨年12月にフィリピン・サマール島北部をはじめ同国の広範な地域を襲った台風27号の被害に対し、100万円の緊急支援を決定しました。

つづきを読む

カンボジア宗教省と「カンボジア仏教研究復興支援事業」に調印

1990年代の初頭まで20年以上にわたり続いた内戦で、甚大な被害を受けたカンボジアの仏教研究の復興を立正佼成会が支援する「カンボジア仏教研究復興 支援事業」の調印式が1月8日、首都・プノンペン市の宗教省庁舎で行われました。本会一食(いちじき)平和基金運営委員会の根本昌廣委員長(宗教協力特任 主席)とムン・クン宗教大臣が、同事業の合意文書に署名、調印。また、根本委員長は同国の政府関係者、宗教指導者らと会談したほか、同基金とSVA(シャ ンティ国際ボランティア会)合同の植樹事業なども視察しました。

つづきを読む

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

このページのTOPへ