支援プロジェクト


ニュース

西本願寺で本会職員が講演

京都市の西本願寺で2月14日、浄土真宗本願寺派の地方宗務機関職員「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)推進研修会が行われ、席上、立正佼成会の柳田季巳江総務部次長(渉外グループ)が『立正佼成会における社会的活動について』と題して講演した。

京都市の西本願寺で2月14日、浄土真宗本願寺派の地方宗務機関職員「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)推進研修会が行われ、席上、立正佼成会の柳田季巳江総務部次長(渉外グループ)が『立正佼成会における社会的活動について』と題して講演した。

つづきを読む

本会一食平和基金「2019年度運営計画」 国内外の事業に3億1757万円

「ミャンマー読書推進事業」の昨年の取り組みでは、同国の小学校を移動図書館が訪問。日本からおくられた絵本が子供たちに貸し出された

「ミャンマー読書推進事業」の昨年の取り組みでは、同国の小学校を移動図書館が訪問。日本からおくられた絵本が子供たちに貸し出された

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、2019年度の運営計画を発表した。今年度の予算総額は、3億1757万6000円。同運営委員会が策定した中期運営方針(2018~23年)に基づき、昨年度と同様、全10分野で事業を行う。このうち、「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」を重点項目とした。また、助成を通じて、NGOなど団体間の協力を促し、より効果的な成果をもたらす「ネットワークの強化」にも取り組む。

つづきを読む

「一食研修ツアー」事前学習会

「一食研修ツアー カンボジア事業」(団長=河南有紀泉州教会長、青年ネットワークグループ主管)の事前学習会が3月10、11の両日、第二団参会館8階研修室で行われた。4月28日から5月6日まで同国を訪れる会員ら16人が参加した。

つづきを読む

本会一食平和基金「平成30年度運営計画」 貧困の解消などに3憶1572万円

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、平成30年度の運営計画を発表した。本年度の予算総額として、3億1572万5000円を計上し、全10分野で事業を実施する。このうち、「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」を重点分野とした。また、今回の特徴として、同運営委員会が新たに策定した中期運営方針(2018~23年)に沿い、複雑化する社会問題を効果的に解決するため、NGOなどの団体同士の協力を支援する「ネットワークの強化」を今後の重要な取り組みに掲げた。

つづきを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このページのTOPへ