支援プロジェクト


ニュース

本会の「一食福島復興・被災者支援」事業 拠出先として9団体に計730万円を寄託

東日本大震災の継続的な被災地支援のため、立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、「一食福島復興・被災者支援」事業の今年次の拠出先を発表。NPO法人や住民組織など9団体に計730万円を寄託した。拠出先の選定を含む事業の運用は、昨年に続き、NPO法人「ふくしま地球市民発伝所(福伝)」(竹内俊之代表理事)に委託された。

プロジェクトの詳細を読む

本会バングラデシュ教会がロヒンギャ難民の支援活動 一食平和基金から寄託受け

今年8月、ミャンマー西部ラカイン州でロヒンギャに対する同国政府の掃討作戦が実施され、隣国のバングラデシュに逃げた人々が難民となっている。仏教国のミャンマーで、少数派ムスリム(イスラーム教徒)のロヒンギャは、「違法な移民」として国籍を剥奪され、移動や結婚を制限されるなど差別や迫害を受けてきた。

プロジェクトの詳細を読む

一食三県支援 東日本大震災で被災した岩手県の8団体に600万円助成

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した岩手県の復興のため、2013年から「一食岩手・釜石復興支援事業」を実施してきた。これまでの支援金は、総額約1500万円に上る。このほど、新たに、被災地域で被災者などのために活動する8団体に助成金600万円が寄託された。同様の復興支援事業は、宮城、福島の両県でも行われている。

プロジェクトの詳細を読む

本会一食平和基金 宮城の被災地復興を支援 持続可能な組織づくり目指して

東日本大震災で被災した宮城県各地の復興支援を目的に、「持続可能な組織づくり研修」(みやぎ連携復興センター主催)が10月21日、同センターが事務所を置く仙台市のビルで開催された。立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会は同センターと共に、まちづくり団体を対象とした助成金事業として、「復興まちづくり協議会等事務局基盤強化・学び合い助成」を今年実施しており、今回の研修は、この事業の一環。

プロジェクトの詳細を読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このページのTOPへ