支援プロジェクト


ミャンマー 東バゴー地域における読書推進活動

2018年1月~6月

ミャンマーには、絵本や児童図書がほとんどありません。本活動は、公共図書館に移動図書館三輪バイクを設置し、図書室のない近隣の小学校に向けた移動図書館活動を通じて、子どもたちの読書推進を行います。上半期は、移動図書館活動開始に向けた準備を中心に行いました。公共図書館や教育局との調整、日本、タイ、そしてヤンゴンからの図書選定と購入、三輪バイクの発注や本棚の制作などです。
 
こうした準備と合わせて5月には3日間の図書館活動研修を行い、公共図書館員の参加者の方々は移動図書館活動に必要な理論と実践に必要なスキルを学びました。このときミャンマーはすでに雨季に入っており、猛暑が続いたため参加者への影響を心配しましたが、皆意欲的に参加してくださり嬉しかったです。参加者の満足度の高い研修を無事に終えることが出来ました。
 
読書を楽しむ子どもたち

読書を楽しむ子どもたち

新学期を迎えた6月、いよいよ貸し出しサービスを含む移動図書館活動が各郡の公共図書館によって始動されました。移動図書館活動では、公共図書館員がおはなしの読み聞かせを行い、そのあと子どもたちが自由に好きな本を読む時間があります。子どもたちの反応はとても良く、読み聞かせや読書時間を通して楽しそうな様子が見られています。
 
研修を受けた公共図書館職員の皆さんは、移動図書館活動で訪問した学校の先生方への読み聞かせなど指導も行っております。 公共図書館職員の皆さんの努力もあり、活動は順調に行われています。先生たちからも好評価で、以前より多くの知識を得ることができ、子どもたちの学習向上にも良い効果が期待出来ると言われていました。
 
ヤンナイさん

ヤンナイさん

「もっと沢山の本を読みたい」、「もっと沢山の読書時間が欲しい」といった声も学校から寄せられています。今後も関係者と協力しながら子どもたちへの読書普及に向けて頑張っていきます。
 
ヤンナイ(コーディネーター)

このページのTOPへ