支援プロジェクト


支援プロジェクト 記事一覧

「一食研修ツアー」事前学習会

「一食研修ツアー カンボジア事業」(団長=河南有紀泉州教会長、青年ネットワークグループ主管)の事前学習会が3月10、11の両日、第二団参会館8階研修室で行われた。4月28日から5月6日まで同国を訪れる会員ら16人が参加した。

つづきを読む

2017年1月1日~2017年12月31日(年間)

【プロジェクトの全体の成果】

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、2011年より続くシリアの政情不安から逃れてくる人々を保護し、仮設住居や援助物資を提供するなどの援助活動を行っています。シリア国内の衝突が激化して以来、トルコ、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプトの周辺諸国に逃れた人々の数は増え続け、2017年末には、520万人を超えました。

つづきを読む

本会一食平和基金「平成30年度運営計画」 貧困の解消などに3憶1572万円

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、平成30年度の運営計画を発表した。本年度の予算総額として、3億1572万5000円を計上し、全10分野で事業を実施する。このうち、「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」を重点分野とした。また、今回の特徴として、同運営委員会が新たに策定した中期運営方針(2018~23年)に沿い、複雑化する社会問題を効果的に解決するため、NGOなどの団体同士の協力を支援する「ネットワークの強化」を今後の重要な取り組みに掲げた。

つづきを読む

「一食地域貢献プロジェクト」贈呈式 障害者や高齢者福祉などに取り組む126団体を支援

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会は平成29年度の計画に基づき、このほど、「一食地域貢献プロジェクト」を実施し、各地で支援活動が進められている。同プロジェクトは、「一食を捧げる運動」の浄財の一部を、教会が主体的に活用し、地元で活動する非営利団体への支援を通じて、温かい地域づくりに貢献するもの。「一食運動」の成果を身近に感じ、その広がりにも期待が寄せられる。今回は、前年から継続して取り組む教会を含め50教会が参加し、計126団体に対し、支援が行われた。

つづきを読む

本会の「一食福島復興・被災者支援」事業 拠出先として9団体に計730万円を寄託

東日本大震災の継続的な被災地支援のため、立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、「一食福島復興・被災者支援」事業の今年次の拠出先を発表。NPO法人や住民組織など9団体に計730万円を寄託した。拠出先の選定を含む事業の運用は、昨年に続き、NPO法人「ふくしま地球市民発伝所(福伝)」(竹内俊之代表理事)に委託された。

つづきを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このページのTOPへ