支援プロジェクト


日本国内難民支援プロジェクト

2018年4月~2018年9月

一食平和基金を通じ、皆さまからあたたかいご支援をいただき、心より感謝申し上げます。
難民支援協会では、今年度も、日本にいる難民に関する理解促進、難民の社会統合に向けた活動に取り組んでいます。

5月に開催された「チャリティラン&ウォーク DAN DAN RUN 2018」では、ボランティアが中心となり、今年で5年目となるイベントを行いました。第一回目から携わるベテランボランティアの方、今年が初めての方など、12人のボランティア実行委員を中心に、難民に関する理解を深めながら楽しめるイベントを企画、熱心に準備を重ねました。イベント当日は総勢60人のボランティアが加わり、200人を超える参加者が集まりました。ラン5km・10km、ウォーク5kmの間に難民に関するクイズを行い、日本にいる難民に関する展示ブースを会場に設置。参加者からは「気軽に楽しめて難民のことも知ることができた」とたいへん好評でした。

写真:チャリティラン&ウォーク DAN DAN RUN 2018

写真:チャリティラン&ウォーク DAN DAN RUN 2018

8月には、小中学生向け企画として、「夏休みの自由研究に―日本の難民問題に触れてみよう!」というウェブページを作成しました。
国内外の難民の状況を分かりやすくまとめると共に、「難民に教わったレシピで料理をつくろう」「難民に関する本を読もう」と、子どもたちに取り組んでもらいたい活動を紹介、希望者には資料を送付しました

「夏休みの自由研究に―日本の難民問題に触れてみよう!」ウェブサイト

「夏休みの自由研究に―日本の難民問題に触れてみよう!」ウェブサイト

参加者からは「わかりやすく理解できた」と好評で、保護者の方からも「私自身知らないことが多く、日本での現状、認定率の低さ、けれども多くの申請者が東日本大震災のボランティアに出向いていてくれたこと、胸を打たれました。今後、周囲に伝えて、知ってもらうことを心がけて行こうと思いました。」とメッセージが寄せられました。

このページのTOPへ