支援プロジェクト


エチオピア植林事業

0115-01.jpg
背景

かつてエチオピアは国土の40%が森林に覆われていたといわれています。しかし、100年ほど前から人口が増加し、それに伴う耕地面積の拡大、建築材料や燃料に使用する木材の伐採が無軌道に行われました。加えて、1975年から17年間続いた内戦、度重なる干ばつの影響などで森林の割合は国土の1%に激減しました。
こうしたエチオピアの状況に対し、一食平和基金は93年、同国ティグレ州にある「ティグレ救援協会(REST)」が行っている植林活動の支援を開始。これまでに約3,000万本以上の苗木が植えられています。

概要を読む


このプロジェクトの記事一覧

ティグレ州アディモ・ファルス地区

かつてエチオピアは国土の40%が森林に覆われていました。しかし、100年ほど前から人口が増加し、それに伴う耕地面積の拡大、建築材料や燃料に使用する木材の伐採が行われました。さらに、1975年から17年間続いた内戦や、度重なる干ばつの影響などで森林の割合は国土の1%にまで激減しました。 こうしたエチオピアの状況に対し、一食平和基金は93年、同国ティグレ州に本部を置くNGO「ティグレ救援協会(REST)」と共に、植林活動を開始しました。これまでに約1,400万本以上の苗木が植えられています。 このレポートでは、2003年から植林が開始され、立正佼成会のボランティア隊も村人とともに植林に取り組んだアディモ・ファルス地区の様子を紹介します。

ティグレ州マイ・ツァダカン地区

か つてエチオピアは国土の40%が森林に覆われていました。しかし、100年ほど前から人口が増加し、それに伴う耕地面積の拡大、建築材料や燃料に使用する 木材の伐採が行われました。さらに、1975年から17年間続いた内戦や、度重なる干ばつの影響などで森林の割合は国土の1%にまで激減しました。
こうしたエチオピアの状況に対し、一食平和基金は93年、同国ティグレ州に本部を置くNGO「ティグレ救援協会(REST)」と共に、植林活動を開始しました。これまでに約1,400万本以上の苗木が植えられています。
このレポートでは、2006年から植林が開始され、立正佼成会のボランティア隊も村人とともに植林に取り組んだマイ・ツァダカン地区の様子を紹介します。

関連記事はこちら

「一食支援の現場から」エチオピア現地リポート(植林事業)

126-d.jpg

「こんなに大きくなりました!」。6年前、30センチほどだったユーカリの苗木は、住民の努力によって3メートルにまで成長した(アディモ・ファルス地区)

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会の事務局スタッフがこのほど、エチオピア北部のティグレ州を訪れ、同基金が現地NGO(非政府機関)のREST(ティグレ救援協会)と合同で進めている植林事業と「アフリカへ毛布をおくる運動」の配付状況を視察しました。植林事業の視察の様子や活動の成果を紹介します。

 

つづきを読む

これまでの成果

0115-02.jpg

立正佼成会一食平和基金からの支援で、これまでに1240万本以上の苗木がエチオピアの大地に植えられました。初年度に植林したサムレ・シャハルティ郡中部のギジェットでは1100本のユーカリタスが15m以上に成長し、小規模ながら森の様相を呈しています。
また、イガマという苗床の近くでは、95年に立正佼成会のボランティア隊の皆さんと一緒に植えた苗木が10m以上の高さにまで育っています。

つづきを読む

1

このページのTOPへ