支援プロジェクト


カンボジア仏教研究復興支援事業

【背景】

カンボジアは全人口約1500万人のうち、96%が上座部仏教を信仰し、仏教を国教とする仏教国です。紀元前3世紀にカンボジアに仏教が伝来して以来、仏教はカンボジアの社会に深く浸透し、人々の仏教に対する信仰心は篤く、仏教はカンボジアの精神文化の基盤となっています。 このように長い歴史を持つカンボジアの仏教において、1930年に開設された仏教研究所は仏教やクメール語の伝統文化、文学等を研究・編集出版するカンボジア最大の宗教文化センターかつ図書館として歴史的な役割を担っていました。しかしながら宗教や旧文化を否定するポルポト政権下(1975年4月~1979年1月)において仏教研究所は徹底的に破壊され、その本格的な復興は1993年の国連支援による総選挙、新政府の成立まで待たねばなりませんでした。

概要を読む


このプロジェクトの記事一覧

2016年1月1日~2016年12月31日(年間)

【プロジェクトの全体の成果】

それぞれの目標に対する2016年度の活動、成果は下記の通りでした。

① カンプチヤ・ソリヤ出版活動ですが、地方を含む多くの執筆者の協力により予定通り年4回(3月、6月、9月、12月)各1000冊出版することができました。そして、関係省庁、主要図書館、全国の州宗教局、各州の僧侶、寺院関係者等に配布することができました。

つづきを読む

1

このページのTOPへ