支援プロジェクト


仏教学校における図書館推進事業

カンボジアの仏教教育は、社会開発と人的資質の向上において重要な役割を担っています。僧侶教育の質の向上のため1914年に最初のパーリ語学校が設立されました。その後1922年にこの学校はパーリ語高等学校に格上げされました。1933年には国内のほとんどすべての寺院に仏教初等学校が設置され、寺院図書館が併設されていました。何世紀にもわたって寺院の図書館はカンボジアの人々にとって歴史的かつ文化的な建造物の一つでした。

概要を読む


このプロジェクトの記事一覧

2016年1月1日~12月31日

【プロジェクト全体の成果】
昨年度までに設置した6寺院における6館の仏教図書館に、絵本、仏教書、一般図書、初等・中等科教科書等の追加図書教材を供与し、図書の充実を行ったほか、仏教図書館ワーキンググループのメンバーと共に各図書館員の巡回指導を行いました。また、移動図書館活動を行い寺院学校生徒のみならず地域の人への図書館利用を呼びかけました。

つづきを読む

2016年1月~6月

2014年からの3ヵ年で、カンボジアのプノンペンとコンポンチャム州の6つの仏教学校に図書館を設置しています。これは、仏教学校・仏教教育にたずさわる人材育成活動の一つで、平行してカンボジア宗教省仏教教育局のマネージメント能力を向上させるためのキャパシティビルディングを行っています。2016年は、3ヵ年事業の最終年です。ハンドオーバー後も現地の人々により、継続して事業が発展するように、丁寧にフォローアップ活動をしています。

つづきを読む

2015年10月~12月

9月の仏教図書館設置と図書館運営研修会後、10月にシャンティと仏教図書館ワーキンググループ(BLWG)で、研修会のアンケート結果フィードバック会議を持ちました。その結果、図書館員たちは、研修を受けたものの、図書館の仕事はまったくはじめての経験であるために、特に図書の分類・登録などの作業に難しさを感じていることがわかりました。

つづきを読む

2015年7月~9月

2015年8月から9月にかけ、今年の事業対象となっているプノンペンとコンポンチャム州、合わせて5つの仏教学校に本棚など家具・備品と図書を提供し、仏教図書館を設置しました。その後に、仏教図書館ワーキンググループ(BLWG)のメンバーを講師として図書館運営研修会を実施しました。図書館を設置した5つの仏教学校は下記の通りです。

つづきを読む

2015年4月~6月

4~6月にかけ、事業の支援対象となっている仏教学校図書館の活動を定期的にモニタリングしました。2014年に設置したプノンペンのサムロン・アンダエト仏教図書館の図書館員は、図書の仕分けや新書の受け入れ、図書館利用者リスト、図書貸し出しのリスト作成など、昨年実施したワークショップから得た知識を用いて、勤勉に業務を行っています。

つづきを読む

1 2

このページのTOPへ