推進活動

「ゆめトモ交流プログラム」 友好の絆が平和生む 日比から世界へ

プログラム期間中、本会青年部員らは、「ミンダナオ子ども図書館」の奨学生たちと積極的に交流を図った(写真は中国支教区での交流)

「ゆめトモ交流プログラム」(主管・青年ネットワークグループ)が5月21日から28日まで、立正佼成会の中国、静岡、千葉、奥羽の計4支教区で実施された。フィリピン南部のミンダナオ島にある、本会パートナー団体の「ミンダナオ子ども図書館」(MCL)の奨学生ら12人が来日。一行は、21日の広島教会での交流をはじめ、24日に青森教会、27日に富士教会、28日に船橋、千葉の両教会を訪れ、青年部員らと友情を深め合った。
 

20170611-01-l.jpg 20170611-01-g.jpg

28日午後、千葉教会(千葉支教区)では、ゆめポッケづくりに込めた平和への願いについて、少年部員が発表した

20170611-01-m.jpg

21日、広島教会を会場に、中国支教区青年部員たちによる茶道体験会が開かれた

20170611-01-i.jpg

MCLの奨学生は、本会青年部員たちとの交流を楽しんだ

「親子で取り組むゆめポッケ」では毎年、紛争などで心が傷ついた世界の子供たちへ、本会の小学生、中学生が、文房具などを手製の布袋に詰めたゆめポッケをおくっている。同交流プログラムは、過去にゆめポッケを受け取った現地の青年たちを日本に招聘(しようへい)し、本会の青年部員との交流を通して、互いに世界に目を向け、平和な心を育む機縁とするもの。「ゆめポッケ」の意義をかみしめ、活動の推進や啓発につなげることも目的の一つであり、今回が初の試みとなった。

「ゆめトモ交流プログラム」の各支教区による交流会では、フィリピンのNGOである「ミンダナオ子ども図書館」(MCL)の松居友館長が、同島の紛争の歴史や国内避難民への支援活動(メモ参照)について、現地の映像と共に報告。続いてMCL奨学生が壇上に立ち、紛争や家庭の貧困などに直面しながらも、MCLの支援を受け、宗教や民族の違う奨学生と一緒に勉学に励む様子を伝えた。その後、支教区の青年部員らが、ゆめポッケの作製などに取り組んだ感想を発表した。最後に、MCL奨学生と青年部員の双方がダンスや合唱を披露するなどして互いの文化への理解を深めた。

5月21日、広島教会(中国支教区)では「ゆめポッケ」に取り組む3組の親子が壇上で発表。この中で少年部員(9)=同教会=は、ゆめポッケの中に入れる文房具などを世界の子供たちの笑顔を想像して小遣いで購入していると語り、「受け取ってくれた人の顔が見られてうれしい。ゆめポッケづくりをもっと頑張りたい」と発表した。

また28日午前、船橋教会(千葉支教区)では、8年前に「ゆめポッケ親子ボランティア隊」でミンダナオ島を訪れた学生部員(20)=同教会=が当時のゆめポッケ配付の模様を報告。「『一食(いちじき)ユニセフ募金』などの平和活動に積極的に参加できるのも、MCLの皆さんが平和を愛し、苦難を乗り越えようとする姿勢に影響を受けたおかげです」と語った。

この後、MCL奨学生のジェック・カブドゥライさん(22)が壇上に立ち、「ゆめポッケを通して僕を思ってくれる人がいることで、生きる勇気が湧いてきます。将来は大学に進学して電気工学を学びたい」と話した。なお、千葉教会(千葉支教区)と青森教会(奥羽支教区)、富士教会(静岡支教区)でも交流会が開催され、MCLメンバーと青年部員らは理解と信頼を深め合った。

MCL奨学生の声

僕の未来を変えてくれたポッケ
ウォルター・ジョンさん(18)

20170611-01-a.jpg

今から10年以上前の小学1年生の時、村に多くの兵士がやって来たのを見て体が震えました。ミンダナオの紛争を初めて目にしたのです。もう戦争はいやです。フィリピンが、いつか日本のような、平和で安全な国になることを願っています。

僕の家はカトリックの家庭で、父は農業を営み、母は専業主婦です。主にトウモロコシなどの野菜を売ったお金で暮らしています。家は貧しく、きょうだいが7人いて、食事を満足に食べられないことがよくありました。

12歳の時、MCLの奨学生になった頃ですが、立正佼成会の子供たちがミンダナオ島に来て、ゆめポッケを手渡してくれました。

ゆめポッケから日本の子供たちの思いが伝わり、温かい気持ちに包まれました。ノートやペンが入っていたので、頑張って勉学に励みました。ゆめポッケは、僕の未来を変えてくれたのです。

今、大学で自動車関連の経営学を学んでいます。将来は会社を経営し、同時にプロのギタリストになるのが夢です。

日本の子供たちの深い愛に心から感謝します。
 

今後も相互の交流を重ねたい
ノルハイヤ・パンディアンさん(19)

20170611-01-b.jpg

私はムスリムです。父は川で魚を獲って生計を立てており、母親は専業主婦です。漁業は天候に左右されるため安定した収入が得られず、きょうだいも多くて一日3回の食事をとることはなかなかできませんでした。高校1年生からMCLの奨学生として、寄宿舎で生活しています。

小学3年生の時に紛争が起き、4年ほど避難生活を送りました。村に銃声が響き渡って人々が逃げ惑う光景を、時折思い出して怖くなります。

今から数年前、MCLのスタッフからゆめポッケを受け取りました。その時、松居館長から、日本の子供たちが貯(た)めたお金で買った物をゆめポッケに詰めていると聞き、他人を愛する皆さんの素晴らしさを知りました。おもちゃは弟たちにあげて、ノートは勉強のために大事に使っています。

20170611-01-h.jpg

大学卒業後は小学校の教師になって故郷に戻り、子供たちに勉強を教えるのが夢です。

「親子で取り組むゆめポッケ」の活動を通じて、フィリピンと日本の交流がもっと行われて、平和の祈りが世界の隅々にまで届くことを願っています。

 

次世代の「宝」支えるゆめポッケ
ミンダナオ子ども図書館館長 松居友さん

20170611-01-c.jpg

今回の「ゆめトモ交流プログラム」では、私たちMCLのメンバーに素晴らしい機会を用意してくださった立正佼成会の皆さまに、深く感謝を申し上げます。また毎年、「親子で取り組むゆめポッケ」を通じて、フィリピンのミンダナオ島の子供たちにゆめポッケを届けて頂き、本当にありがとうございます。

振り返ると、立正佼成会の「ゆめポッケ親子ボランティア隊」の皆さんが、ゆめポッケを持って初めてミンダナオ島に来てくださったのが2009年のこと。それ以来、皆さまが現地に届けてくださったゆめポッケは、そこに込められた愛や真心と共に、フィリピンの子供たちの生きる希望となってきました。彼らは、遠い日本から自分の幸せを願ってくれている皆さまの思いに感動し、その恩に報いたいと、中身のノートや鉛筆を大切に使い、勉学に一生懸命に励んでいます。青年になっても、ゆめポッケの袋や使い終わったボールペンを、「日本の友人からの贈り物だから」と、家で大切に保管しているのです。

20170611-01-k.jpg

27日、富士教会で開催された静岡支教区の交流

20170611-01-j.jpg

28日午前、船橋教会(千葉支教区)のプログラム

20170611-01-f.jpg

24日、青森教会(奥羽支教区)の青年部員らと

また、ゆめポッケは、私たち大人にとっても生きる希望です。それは、子供たちが次世代の社会を担う「宝」であり、彼らが希望を持って人生を前向きに歩むことが未来の明るい社会をつくると考えるからです。ゆめポッケを受け取った子供たちが見せる笑顔は、私たち大人を幸せな気持ちにしてくれます。

ゆめポッケは、贈る側も受け取る側も平和な気持ちにする、大変素晴らしい活動だと思います。

たとえ違う国の人間同士で言葉が通じなくとも、互いを知り、理解しようと努力する気持ちさえあれば、地球上で仲良く暮らせる。それこそが世界平和に近づく唯一の道であることを、「親子で取り組むゆめポッケ」や「ゆめトモ交流プログラム」といった活動が証明していると言っても過言ではないと思います。

これからも、日本の皆さまの尊い思いがこもったゆめポッケの配付活動によって、フィリピンの子供たちが明るく輝けるよう、MCLとしての活動を続けてまいります。

 

 


◎メモ:ミンダナオ紛争とミンダナオ子ども図書館(MCL)
ミンダナオ島では、16世紀頃から、キリスト教系住民とムスリム系住民との間で土地や自治権をめぐる対立が続いていた。1960年代以降、政府軍と反政府組織との間で武力衝突が相次ぎ、市民を含む12万人以上が犠牲となった。そうした中、MCLは2003年の設立以来、被災住民が暮らす村での医療や生活物資の支援、絵本の読み聞かせによる心のケア活動を展開。紛争や貧困の影響下で暮らす家庭の子供への奨学金支給、寄宿舎の提供も行っている。

このページのTOPへ