推進活動

JANIC主催「第3回MDGsカウントダウン・ネットワーク会議」

0215-02-a.jpg

世界の貧困削減を目指す国連「ミレニアム開発目標」(MDGs)の達成に向け、JANIC(国際協力NGOセンター)による「第3回MDGsカウントダウン・ネットワーク会議」が2月15日、東京・渋谷区のJICA地球ひろばで開催されました。NGO関係者ら約60人が参加。立正佼成会から社会貢献グループスタッフが出席しました。

当日のテーマは『MDGsの今、これから』。本会一食平和基金や庭野平和財団などの支援を受け、2010年4月から2年間行われた「世界の『貧しい』を半分に。MDGs2015キャンペーン」を振り返り、今後の活動を検討しようと実施されました。第一部の各団体の報告では、WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会の木塚季代子スタッフが「ARMS DOWN! 共にすべてのいのちを守るためのキャンペーン」の活動を発表しました。第二部では『MDGsの達成状況と今後』と題し、4人の識者が講演しました。

(2012年2月26日付『佼成新聞』より)

このページのTOPへ