一食を捧げる運動とは


一食を捧げる運動の歴史

「一食を捧げる運動」のルーツは、江戸時代後期にまでさかのぼります。天保年間、未曽有の大飢饉が続いた際、禊教(みそぎきょう)の教祖・井上正鐵(いのうえまさかね・1790年-1849年)師が「我、一飯(いっぱん)を捧げて人々の飢えを救わん」と説き、救済に乗り出したことが始まりです。そして、現代、再び宗教者の手によってよみがえりました。

history01.jpg

1974年(昭和49年)、ベルギーのルーベンで第2回世界宗教者平和会議(WCRPII)が開かれました。その宣言文に先進国の過剰な消費を戒め、少欲知足の生活を促す一文が盛り込まれました。これを受け、青森県に本部を置く松緑神道大和山が教団を挙げて「一食を捧げ、一欲を節しよう」の目的のもと「平和一食運動」を始めました。

立正佼成会もこの趣旨に賛同し、1975年(昭和50年)から「節食運動」として青年部員を中心に取り組んできました。79年(昭和54年)、アメリカ・プリンストンで行われた第3回世界宗教者平和会議(WCRPIII)では、国際レベルで「一食運動」に展開していくことが決議されました。同年10月、開祖さまは朝日新聞の『論壇』で「一食運動の国民運動化」を提言されました。翌年、名称を「一食を捧げる運動」に変更し、今に至っています。

history02.jpg

現在は、毎月1日、15日を共通の実践日と定め、同運動を実践しています。また、ライフスタイルにあわせて「私の実践日(マイスキップデー)」を設け、個人で自主的に運動に取り組んでいます。

立正佼成会では、「青年の日」が行われる5月を「一食啓発月間」と定め、運動の普及に努めています。


これまでの歩み

1973年 「第1回青年の船」がフィリピン・モンテンルパ日本人墓地を訪問
「モンテンルパ(フィリピン)慰霊基金」を発足
1974年 「モンテンルパ慰霊基金」を「立正佼成会青年部平和基金」と改称
1975年 フィリピン・バターン州に日比友好のためのフレンドシップタワー建立
松緑神道大和山の「一食を捧げ、一欲を節する運動」に賛同し、「節食運動」を提唱
1979年 開祖さま「朝日新聞 論壇」にて 一食運動の国民運動化をご提唱
「国際児童年」の年、「青年の日」にユニセフ街頭募金を実施
1980年 「節食運動」を「一食を捧げる運動」に改称
教団全体の平和活動に位置づけられ「立正佼成会青年部平和基金」を「立正佼成会平和基金」と改称
「一食ユニセフ募金」スタート
1982年 開祖さまが第2回国連軍縮特別総会に出席し、演説の中で軍縮のために100万ドルの拠出を表明
1983年 国連に「軍縮キャンペーン」のために100万ドルの拠出
1984年 「アフリカへ毛布をおくる運動」スタート
1988年 本会青年部が国連平和賞受賞
1991年 「立正佼成会平和基金」を「立正佼成会一食平和基金」と改称
1994年 「愛のポシェット運動」をスタート
1999年 「愛のポシェット」を「ゆめポッケ」に改称
2000年 一食実践日を"スペシャルフライデー"として毎週金曜日に青年部員を中心に推進
2005年 基金の総額が100億円を超える
2008年 一食実践日を"スペシャルフライデー"から全会員共通の"1日・15日"と"マイスキップデー"に改定
2011年 東日本大震災緊急・復興支援に5億円の拠出
2013年 中期5ヵ年運営方針の中で今後の重点項目として「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」「緊急救援・復興支援」の3分野に決定

フレンドシップタワー

一食ユニセフ募金

国連平和賞

本会青年部が国連平和賞受賞

 

このページのTOPへ